「結婚には消極的だけど、パートナーはほしい」と、30代後半女性。バツイチとのことですが美人で仕事もでき、企業で管理職も務める方です。女性だけのプライベートな集まりでの発言で、打ち解けた雰囲気の中で「婚活でなく、『パートナー活』をしたい」といいます。離婚に至るトラウマがぬぐえないと本音を語ってくれました。

別の集まりでは、40代独身の女性が「老後を愉快に過ごすためにパートナーを見つけたい」と語ります。出版関連の企業に長年勤務して、専門職でバリバリ働く女性です。こちらの方は、できたら結婚も考えていますが、「まずは、パートナーから」とのこと。

世の中では「婚活」が盛んですが、上記のように、30代後半~40代(時には50代以上も)の独身女性は、結婚相手よりも「パートナー」を求めているようです。もちろん、結婚願望のある方は結婚前提の「婚活」でいいのですが、結婚を前提にせず、「自分の人生を豊かにできるような気の合う人を探したい」という独身女性は少なくないと、感じました。

若いうちは結婚に対する憧れが先行しますが、結婚にまつわるしがらみやリスクを知れば知るほど憧れは消失します。当然、結婚に対して積極的にはなれませんし、結婚だけが幸せのカタチではないと気づくのではないでしょうか。落ち着いた年齢の自立した独身女性が、気の合うパートナーを見つけることができるような機会や場があればいいなぁと思います。