登録しているSNS等のアカウントについて、自分の死後、誰がどのように対処したらよいのでしょうか?

Facebookの場合(投稿日現在)、「利用者は事前に、アカウントを追悼アカウントにするかFacebookから完全に削除するか、いずれかの意思表示ができます」とあり、私は「完全削除」を選択しました。

追悼アカウントを選択する場合、その管理人を事前に定めておく必要があります。

追悼アカウントには、「追悼」と表記され、故人のタイムラインは、その人を偲ぶ人たちの書き込みが可能です。

アカウント所有者がシェアしていたコンテンツ(写真、投稿など)は、引き続き、Facebookにおいて公開され、指定した範囲において公開されていきます。

 bus0027-001

その方の慕われ方や、有形無形を問わず世の中に残したもの、絆の強さによっては、追悼アカウントにするという選択肢もありますが、私個人としては、引き続き公開するほどのコンテンツもありませんし、この世を去ったら、私のことは忘れていただいて構わないので、「完全削除」としました。

ただし、私が「死んだ」ということをFacebookに報告してくれる人がいないと削除にはなりませんので、誰かに申し送りをしておく必要があります。エンディングノートに、その旨記載しておくとよいでしょう。