エンディングノートを書き始めました。

私の亡き父は、エンディングノートを書いていました。

それがあったことで、私たちはとても助けられました。

生前の契約や、預金・保険、資産の類いについての情報が整理されており、延命措置や葬式についての希望、連絡すべき相手などについての意向も書いてありました。

私たちは簡素な家族葬でよいと感じていましたが、果たして当人はどうなのか、そういったところについても、後々「ああすればよかった、故人はこういうのを望んでいたのかもしれない」と思わずに済みました。

逆に、エンディングノートというものがないと、残された人たちに不要な心配・後悔・迷惑をかけるということを実感しています。

私も書いてみることにしました。

51lI7AHTwwL