先日、大学時代の友人の夫婦3組に独身の私、7名が、ひさしぶりに会う機会がありました。
半年くらい前に少し会った女友達もいましたが、6,7年ぶり、という人もいました。
皆さん多忙で、ひさしぶりだったので、学生時代のやんちゃな話(大酒を飲んで物を壊した、など)
も出てきて、「昔はおおらかないい時代だった」と懐かしんだり、最近の話もしたりで、楽しい時間ではありました。

最後の方になって、なぜか、おひとりさまの私に集中砲火が・・・。「なんで結婚しないの?」から始まり、
「あなたも早く結婚したらいいのに」というような哀れみを投げかけられ、さらに知り合いの独身男性の名前を挙げ
「相手は○○さんがいいよ」と決めつけられ・・・。

私はこの独身男性とは知り合い程度で、仲良くしていた覚えは一切ありません。
私に薦めてきた夫婦は独身男性と特に親しい間柄だから挙げたのでしょうが、この独身男性は、かつて会社を辞めて
定職がないような人でした。フリーランスの私は、養うことはできませんよ~。

30代の頃は、「結婚は?」という質問は公私ともに多かったですが、さすがに40代後半から50代になって
聞かれることはほとんどありませんでした。参加した夫婦達はお酒が入り学生時代の気分になっていたとはいえ、
この話題を出すことに私は驚愕するばかり。

50代にもなれば、これまでの自分の生き方にプライドがあり、一人で十分生きていける自信もあります。
そう見えず「独身はかわいそう」と思われるのは心外だし残念。唯一、病気の時には、同居人がいると心強いと思いますが・・・。
笑って受け流すこともできましたが、二度と言われたくないので、「皆さんと私は違うから、異なる価値観を
押し付けないでほしい」と、キッパリと言わせてもらいました。

結婚を薦める人達は、「結婚して幸せだから、あなたも・・・」という論拠で人にも薦めるし、
自分達の幸せをアピールしたいのでしょう。悪気はなく無邪気そのものなんですね。

とはいえ、人の生き方や価値観について否定するような考えを、悪気はなく自分も人に押し付けていないかなと、
ふと頭をよぎりました。50代にもなれば、人それぞれの考えや生き方を認められる大人でいたいな~と思いました。